ファッション業界の
お仕事紹介

ファッション業界のお仕事紹介

服はデザインだけでは完成しません。ファッション業界にはたーくさんの仕事や役割があり、大勢のプロが関わっています。
最初の企画から服が売れるまでの仕事の流れをつかんで、いちばんやりたい仕事、自分の力が発揮できる場所を見つけてください。

※興味のあるメニューをタップしてください

1. 企画会議

1. 企画会議

ブランドやデザインの戦略を練るための大切なプロセス。各自がアイデアや情報を持ち寄り、議論を重ねて方向性を決めていきます。

テキスタイルデザイナー

生地や織物のスペシャリスト。デザインを活かすにはどんなテキスタイルが最適かを提案、時には開発に関わる。

デザイナー

新商品の方向性やコンセプトを理解し、デザインをつくり出す。デザイン画の作成から商品完成まで関わる。

マーチャンダイザー

マーケットを読むプロ。MDとも呼ばれ、世の中や顧客の動きをキャッチして「売れる」商品を提案する。

マーケティングディレクター

マーケットや消費者の動向を調査・分析し、自社の戦略に反映させる。

2. デザインワーク

2. デザインワーク

企画会議で決まった方向性やコンセプトに沿って、デザインはもちろん、素材やカラーなど、細かいところまで練りに練ります。

デザイナー

新商品の方向性やコンセプトを理解し、デザインをつくり出す。デザイン画の作成から商品完成まで関わる。

3. デザイン決定

デザイン画を起こす作業がスタート。各担当がいっせいにオンモードに!1案に5スタイル程度のデザイン画が必要とされます。

4. パターン作成

4. パターン作成

服の着心地を左右すると言われる重要な工程。デザイナーと綿密に打ち合わせ、平面のデザイン画を、人が着る立体の服にする作業です。

パタンナー

型紙(パターン)は服の設計図。パタンナーはデザインを実物にするための設計図を引くのが仕事。微妙な線の違いが出来を左右する。

グレーダー

マスターパターン(標準寸法の型紙)を拡大・縮小して、様々なサイズの工業用パターンをつくる。

5. サンプル縫製・チェック

5. サンプル縫製・チェック

仕上がったサンプルを、各担当者が商品として店に出せるかどうか、入念にチェックします。

6. 展示会

6. 展示会

市場に出す前に新作をお披露目します。多くの関係者が集まるため、広報の機会として重要な場でもあります。

バイヤー

メーカーや卸企業から商品を仕入れる。なんといっても品ぞろえは店の命。責任重大なポジションといえる。

ファッションコーディネーター

魅力的なショップづくりに関わるディレクター。鋭い感性とビジネス感覚が問われる。

7. 商品化決定・生産

7. 商品化決定・生産

まずは試作品を1点、縫製工場へ依頼。完成度を高めるための最終チェックを行ったあと、いよいよ本格的に商品を発注します。

生産管理/品質管理

工場選定から原価管理などの生産工程を管理する。品質チェックやタグ表示の内容も担当する。

ソーイングスタッフ

生産現場で裁断や縫製を担当する。高度なソーイング技術が要求される専門職。

8. ショップ販売

8. ショップ販売

お客様のニーズや時代の動向をいちばん身近に感じられる場所。店舗だけでなくネットショップでもビジネスが展開されています。

ショップマスター

店の責任者として、売場をつくり、バイヤーと相談しながら売れ行きをコントロールする。スタッフ育成も重要。

ファッションコーディネーター

接客担当のスタッフ。商品の魅力を説明したりコーディネートをアドバイスしたりする。取り扱いの注意点を伝えるのも役割の一つ。

インポートトレーダー

輸入商品を専門に扱うスペシャリスト。海外とのやり取りが多く、語学力、コミュニケーション能力が要求される。

9. マスコミ宣伝

9. マスコミ宣伝

ブランドの方向性やプレスでの戦略を理解し、主に雑誌やCM、TVなどの媒体に商品をリリースして宣伝活動を行います。最近ではインターネットも重要な媒体の一つになってきました。

プレスアタッシェ

企業の広報担当者。マスコミとの架け橋となり、宣伝物作成や商品貸し出しなどを担当する。

ヘアメイクアーティスト

メイク、ネイル、エステなどの高度な専門技術を持つプロ。女優やモデルを美しく演出する。

スタイリスト

モデルやタレントの衣装をコーディネートする。ポスターやCM、雑誌などで、なくてはならない存在。

学校法人小井手学園 小井手ファッションビューティ専門学校
〒732-0825 広島市南区金屋町1番-20号 TEL:082-263-0001 受付時間 9:00~17:00